ワキ汗のニオイが気になる!その対策は?

わきのニオイ対策方法を紹介します!!

女性にとって汗のニオイは大きな問題です。特に腋のニオイを気にする女性は少なくないはず。ワキガとまではいかなくても、あの独特なニオイを周りに振りまいているかと思うと、それだけで気分が落ち込んでしまいますよね・・・

自分以外の女性はどんな対策をしているのか、気になりませんか?
ここではその対処法を紹介していきます。

汗をかいたまま放置しない

ワキのニオイの原因は、実は汗ではありません。

かいた汗の中で繁殖する雑菌があの嫌なニオイの原因です。一番手軽なワキの対策はワキを清潔に保つこと。まず、朝シャワーを浴びる習慣をつけましょう。そして汗をかいたらこまめにタオルや汗ふきシートなどでワキを拭くよう気がけてください。夏場などダーク系のシャツなどに汗ジミができているのは、見た目にも良くありません。消臭機能付き腋パッドを利用したり、速乾性のある生地を使ったシャツを着るなどして、服に汗を残さないようにしましょう。

ムダ毛の処理

ワキのニオイの原因は汗の中で繁殖する雑菌です。

ワキのムダ毛を放置していると、雑菌の温床になってしまいます。特に冬は油断してお手入れをさぼりがちになる人もいると思いますが、冬でも汗をかくシーンは結構多く、ニオイを振りまいてしまうことになりかねません。季節を問わず、きちんと処理することが大事ですが、その方法も重要です。自己処理でトラブルが起きてしまうことも多いので、専門家に処理してもらうのが理想です。もし肌にトラブルを感じたら、早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

制汗剤を使う

一番オーソドックスな方法は制汗剤を使うことでしょう。

一口に制汗剤といってもスプレーや液体のロールオン、クリームなどいろいろなタイプがありますよね。またさまざまな香りのついたものもあり、どれを使えばいいか悩むところです。使いやすさや持ち運びのしやすさも商品選びのポイントになります。使用時に清涼感を感じるものもあり、スポーツの後にはこのような商品を使うと、気分的にもリフレッシュできそうですね。消臭効果に重点を置くなら、その成分に注目すると良いでしょう。消臭コスメのランキング上位に入っている商品には、焼きミョウバンを使用したものがランクインしており、その効果は多くの人が実感しているようです。

また、クリームタイプの商品はじかに指で塗るため、塗りムラができにくいというメリットもあります。たくさんの制汗剤の中から自分に合った商品を選び、活用しましょう。

ここで注意してほしいのが、制汗剤というと市販で安い商品なら何でも大丈夫でしょ!!って思っている人が多いんですが、実際はそんな事はありません。数百円で買える制汗剤よりも数千円する制汗剤の方が効果持続率共に全然違ってきます。もしどういう商品を購入していいのかわからない!!って方は、下記サイトを参考にしてみるのもいいかもしれません。

■参考サイト:ワキ臭対策クリームランキング

ランキング形式で紹介しているので、どの商品が売れているのか。効果があるのかがすぐにわかります。購入して全然効果ないじゃーん。。。って思う事もほとんどないので安心して参考にしてみて下さい。

生活習慣を改善する

食の欧米化が進んでいますが、これもワキのニオイの原因となります。

洋食には肉類、卵、乳製品などの動物性タンパク質や動物性脂肪が多く含まれていて、これらが体臭を強くしてしまう原因になります。一方和食には魚、野菜、豆、海藻などを主に使用しているので、ヘルシーなうえに体臭の軽減につながります。このように食べ物に気を使うことで、ワキに限らず体全体のニオイを抑えることができます。また、アルコールやたばこなどの嗜好品も体臭の原因となるので、そのような人はの禁酒・禁煙に努めると良いでしょう。

十分に睡眠をとり、和食を中心としたヘルシーな食生活を気がけ、軽い運動などでストレスを発散することが体臭の軽減につながります。

ワキガの可能性

ここまでワキの汗対策を挙げてきましたが、これでも効果がない場合、または単なる汗のニオイではない場合、ワキガの可能性も考えられます。

ワキガとは、通常の汗臭さとは違い、ワキのアポクリン腺から出る汗に含まれる成分が、皮膚に常に存在している最近によって分解され、さらに皮脂と混ざり合って独特のツンと来る臭いを発するようになる状態の事です。汗腺にはアポクリン腺のほかにエクリン腺があり、こちらから出る汗は水分と塩分で通常はニオイの原因にはなりませんが、ワキガの場合この無害なはずの汗が蒸発する時に臭いの因子を体全体に広げてしまうため、ニオイをさらに強めてしまいます。

欧米では7割以上の人がいわゆるワキガ体質のため、あまり問題視されませんが、日本人は1割しかおらず少数派であるために、深刻な悩みになることが多いようです。ワキガの場合でも通常の汗対策である程度ニオイを抑えることができますが、それでもニオイがきつい重度のワキガの場合、外科手術でアポクリン腺を摘出して臭いの発生源そのものをなくしてしまう方法もあります。外科手術には費用もリスクも伴うので、専門の医療機関と納得のいくまで相談することをお勧めします。

まとめ

ワキのニオイで悩んでいる女性は本当に多いですが、しっかりとケアや対策をすれば必ず克服できるので諦めずに自分にあった方法で治療していく事をおすすめします!!